top of page

akihiro kotera

小寺 暁洋

どこか懐かしい実験器具のようなフォルム。
刻の重なりを感じ、 アンティークを彷彿させる佇まい。
掌上の丸い硝子越しの風景は遠い日に見た記憶と似ている。
シンプルで滑らかなカタチに映り込む透明な景色は、
今日はどんな美しい世界を見せてくれるのだろう。

1992 兵庫県出身
2016 近畿大学文芸学部芸術学科造形芸術専攻卒業

         富山ガラス工房制作課勤務
2020 富山ガラス工房を退所/フリーランスへ
2022 金沢市牧山ガラス工房非常勤職員として勤務

        以後、金沢市を中心に製作活動を行う

bottom of page